フランスのスカーフ問題 森洋明 要旨 フランスで,イスラム教の女子生徒が着用するスカーフが初めて社会問題として取り上 げられたのは, 1989 年のことである。 60 年代からのイスラム教系移民の増加がそ … BBCは外部サイトの内容に責任を負いません。 本サイトの外部リンク方針はこちら, France to rewrite police bill after huge protests, 【米大統領選2020】 連邦議会にトランプ氏支持者ら侵入、結果認定が一時中断 4人死亡, 【米大統領選2020】 検証:トランプ米大統領がジョージア州高官に電話で主張した内容. 公式サイトでは赤いスカーフではなく、 白いTシャツ に「 J’aime ma république(わたしのフランス(共和国)が好き 」というロゴがトリコロールにデザインされたものが販売されていますが、寒くて半袖の公式Tシャツを着てデモに参加するということは無理そうです。 覆面防止法または覆面防止法は、個人が顔を隠すことを阻止しようとする立法上または刑事上の措置であり、顔が特定されないことや宗教的慣習から外れることが多い。 アメリカ 米国の多くの州やコロンビア特別区では覆面禁止法がある。 ・ニューヨーク州の覆面防止法は1845年に制定。 ・多くの覆面防止法は20世紀半ばまで遡る。KKKのメンバーは、身元を隠すために白いリネンのフードを身につけているのが通例だが、州や自治体が、暴力的な活動を止めるために許可を出した。 ・21世紀には、これらの … 2003年から2004年にかけて、フランスで「イスラム子女の公立学校でのヘッドスカーフ着用を認めるかいなか」が、国を二分するような議論になりました。 発端は1989年にまでさかのぼります。 この法律が生まれたきっかけは、2009年6月に当時の大統領サルコジが宗教上の理由によるヴェールはフランスに歓迎されないと述べたことにある。サルコジは、法律の目的は女性が顔を隠すよう強要されることから守り、フランスの政教分離を擁護するためだと述べた。世論調査では80%が法律による禁止に賛成した。 イスラームの知識人たちは、ヴェールで顔を隠すことはイスラームの教えではなく、コーランにも書かれていないが、ムスリム文化の伝統であると述べた。アメリカに住む著名なイスラ… Comments owned by the poster. 1.1-2004年宗教的標章着用禁止法の制定 政教分離を意味するライシテ(laïcité)の原則を憲 法典に掲げるフランスでは、公立学校でスカーフ等の 着用を禁止する2004年宗教的標章着用禁止法 1(以下、 2004年法という。)が制定され、今日に至っている。 黄色いベスト運動 (きいろいベストうんどう、 フランス語: (Le) Mouvement des Gilets jaunes) とは、 2018年 11月17日 ( 土曜日 )から断続的に行なわれている フランス政府 への抗議運動。 2004年01月18日(日) 18時59分 仏でスカーフ禁止反対のデモ 計2万人参加. 行進は夜間禁止令の始まる9時、そして午前0時から開始になる外出禁止令を前に発生。 トゥールーズでも木曜日夜、100人ほどが外出禁止令に反対して、パリと同様のスローガンを謳いデモ行進を開始。 ・・・・・ 外出禁止令が嫌い!って、その通りですね。 ライシテは宗教の神ですら否定することとの許される自由な考えと見かけました。たとえば、その一方でeuでは広くヒトラーやホロコースト否定についてはかなり厳しい味方をする国が多いと思います。フランスについては詳しく知りません。そ フランスの法案に似通ったトルコの法律 オランダ(イスラム教徒30万人、人口の1.9%)は、ベルギーよりも寛容な立場をとる。宗教に基づくあらゆる差別が法律で禁止されており、スカーフ姿は公立学校で … 意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、フランスは多民族国家。いろいろな文化的バックグラウンドを持つ人々によって構成されています。でも、多様性は文化を豊かにしますが、複雑にもします。なぜなら違った文化(宗教、思想、習慣など)を持った人々… 不治の病に苦しむ尊厳死活動家、最後の闘いをライブ中継しようとしてFacebookにブロックされる, 在宅勤務時の生産性が低いと感じる人の割合、調査した10カ国では日本が最も高いという結果, フランス、海外企業が国内の消費者や企業に提供したサービスの売り上げに対し課税する税の導入へ, フランスの裁判所、市民団体にApple Store店内で抗議デモを行う権利を認める, その黒人の音楽プロデューサーの事件はマスク必要な場所でマスクしてなくて暴れたのが原因だが. これはどれもイスラム教徒テロリズムの病気の治療法ではありませんが、仮に治療法だとしても、それは病気よりも悪いでしょう。, 彼がマスクをしていなかったから?それとも彼が黒人だったから?凶悪犯は彼を人種差別的な侮辱と呼んだので、私は後者だと思います。, 外でマスクをしていない人を見て迅速に行動を起こしたのは正しかった。しかし、適切な対応は、彼にすぐにマスクをつけさせて罰金を科すことだった。再犯の場合は逮捕してもいいかもしれません。彼のスタジオに侵入して、彼や他の人を攻撃するのではなく。, 当局がこれらの凶悪犯の追跡を遅らせていないのは嬉しいことだ。米国では、大規模な抗議行動を経て、時間をかけて、そこまで行くのが普通だ。, 凶悪犯の犯罪を暴くと人々を危険にさらす第24条は、フランスの人権にとって非常に危険だ。, マスクしてないからボコられたと言う話を、黒人がボコられたという話しに変えて差別感情を煽るのは確かにどうかと思うね, 少なくとも現時点では「人種差別」では予備審問の対象になってない検察官は対象に入れろとも言ってるけど, マスクしてない白人はボコられずマスクしてない黒人だけがボコられてるから差別って怒られてるんだよ, 論点がグチャグチャですね白人でも黒人でもマスクをしないで暴れたら捕まえられるこの音楽ディレクターも暴れたなら拘束されたのは当然でしょう安易に差別という言葉を使って批判する行為は適切ではありませんどの部分がどう差別的なのかを示した上で差別があったかどうかを指摘すべきです。差別だからダメは理由にはなりません, 元記事に書いてないなら、ソースを示してその情報を確かなものにしてくれ。あなたが、黒人が警察の暴力に抵抗することを、黒人が暴れたと言ってるかもしれないと疑ってしまう。, >黒人が警察の暴力に抵抗することをどうやったらこういう風に議論材料を増やせるんだろう。, 検察発表によると、警官4人のうち3人は21日、マスクを着用していないゼクレーさんから大麻のにおいがしたとして取り締まる際、建物内に逃げ込んだゼクレーさんを素手や警棒で殴打したほか、ゼクレーさんから暴行を受けたなどと虚偽の報告をした疑いが持たれている。, 「マスク必要な場所でマスクしてなくて」は、その通りらしい。「暴れた」のは警官がそう言っただけで、虚偽報告の可能性が高い。, なぜ虚偽報告の可能性が高いの?それから、逃げてる時点で警察が実力行使にでるのはやむなしかと。日本でも警察の取締から逃げ出すのは相当ヤバい奴だよ。, ほんと、日本人は「疑わしきは有罪」と短絡的に考える人が多いなぁ容疑者と犯罪者の区別も付かないんだからこまる, 「表現の自由」は絶対不可侵の物、たとえイスラム教を侮辱するような表現をして、大小のテロが度々引き起こされ、多くの死人が出ていようと(そら悪いのはテロをする奴らだけど)、「表現の自由」を守るために、それに制限をかけるような侮辱罪等は断じて導入しないなんて見得を切っておきながら、警察官の身バレを防ぐためには「表現の自由」を制限するもやむなし、とか言ってるんじゃ、そらこれまで「表現の自由を守るため」に巻き添え食らった犠牲者達やその関係者は怒るよなぁw, キリスト教や白人を揶揄すると、表現の自由より先に侮辱として裁かれるし。ダブルスタンダードは今に始まった事ではないよ。, フランスでは、宗教を侮辱しても罪には問われないと法で定められている。キリスト教を侮辱したってもちろん罪にはならない。 大統領を侮辱したってOK。 [reuters.com] だからシャルリー・エブドが面白半分でイスラム教を挑発してテロを自分から呼び寄せるような事が起きた。, 法が許すからって、世の中には法などお構いなしな奴はいなくならないわけで、粋がったところで死んだら負けよ, この辺はフランスの政教分離原則のライシテの特殊性を踏まえて考えないとわかりにくいかも。日本を含めた普通の国の政教分離とか信教の自由というのは、どんな宗教を信仰してても優遇されたり、逆に弾圧されないことを保証するという考え方ですが、ライシテは宗教の世界と世俗の世界(政治とか行政とか経済とか)を厳格に分離するという考え方(聖俗分離)で、宗教を批判したり侮辱するのもライシテにより保証された自由です。さらにライシテの考え方に反するものは宗教であっても反社会勢力としてセクト(カルト)指定されて取締対象になります。しかし、イスラム教は教義上聖俗分離を想定してないのでムスリムにとってライシテに従うのは無理なのでどうにもならず。, #ナチスの方は、宗教関係なくフランスは一度戦争でナチスに負けて、そこから取り返した歴史があるから。, 宗教を侮辱しても大統領を侮辱しても問題ないけど、シャルリー・エブドを皮肉ったらテロリストとして逮捕される謎, こういう『「表現の自由を否定する自由」を「表現の自由」で保護しないのはおかしい』ってのは言ってておかしいと思わないんですかね?それとも分かっててワザと言ってるんですか?, 『○○の自由』が『○○を否定する自由』を認めたら自己否定する事になるから認められるわけないでしょうに。, 表現の自由といっても、制限があるのは昔からだろ。たとえば個人を盗撮した写真をネットで晒すとか「表現の自由」で許されるものじゃない。, そして警察官も個人なのであり、その顔写真の盗撮についても同様にあつかうことの何が問題なのか。, 日本においては公務を執行中の警察官については「全体への奉仕者」であるので個人としての肖像権を保護する必要性が低いとして撮影が適法と判断される傾向が強い(「警察には肖像権が無い」ではない), 沖縄基地問題でデモを規制する警察官の顔を撮って個人を特定晒された上で個人に対して嫌がらせをしたりする行為が続出正常に公務が行えない状態になってデモ活動が凶悪化した過去がありますよ, あのテロリスト共は警察官どころか民間人の顔も撮って同様にしてるんで、法で規制したところでやることは変わらないよ。, 少なくとも、公務を執行している間の警察官は公人だ。その時に犯した行為について罪に問われようとしている時、それは「個人」の免罪符の下に逃れるべきではない。, 規制側を信用せずに自らを守ろうと撮影しているだけでも逮捕される危険が出るのだから。動画で顔を出して公開する事を禁止とかなら未だ分るんだが、撮影の時点でってのは流石に。公的活動中の顔を確認されたくないのであれば、マスクとかヘルメット被れば良いと思うんだ。, 事の是非や暴徒化は別として、市民の反対意見多数で法案撤回となるのは理想的ではある。少なくとも市民の反対の声を無視して強行採決するよりかは良い。, より多くのコメントがこの議論にあるかもしれませんが、JavaScriptが有効ではない環境を使用している場合、クラシックなコメントシステム(D1)に設定を変更する必要があります。, UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア, フランスで再びデモが頻発、一部ではデモが暴徒化したという。原因は政府が警官個人の特定につながる顔の撮影や身元公開の禁止を含む法案「グローバルセキュリティー法 第24条」が11月20日に採択されたためだ(. Trademarks property of their respective owners. Music producer Michel Zecler is seen being beaten up by officers in his studio, フランス与党は11月30日、悪意を持って警官の顔の映像や写真を撮ることなどを犯罪行為とみなす法案について、内容を修正する方針を示した。, 同国では25日、白人警官3人が黒人の音楽プロデューサーに人種差別的な言葉を浴びせ、殴る様子をとらえた防犯カメラ映像が明るみに出た。, これを受け、問題の法案が警察暴力の告発を妨げるのではないかとの懸念が高まり、大規模な抗議デモが行われている。, エマニュエル・マクロン大統領率いる与党「共和国前進」のクリストフ・カスタネール議会代表は、この法案を「完全に書き直し、新しいものを提出する」と述べた。, また、「この法案について疑念の声が上がり続けているのは承知しているし、報道の自由を削ぐような行為は絶対に認めない」と話した。, 抗議デモで「ジャーナリストが逮捕されている」、「撮られているから笑って」などと書かれたプラカードを掲げる参加者, 法案の第24条には、警官の「身体的・心理的完全性」を傷つけることを目的とした、職務中の警官の画像の公開を犯罪行為とするとある。, 違反して有罪となれば、1年の禁錮刑または最大4万5000ユーロ(約560万円)の罰金刑が科される可能性があるとしている。, この法案はすでに先週、下院を通過してており、現在は上院の承認待ちの状態にある。法案の推進派は、この法案が警官をソーシャルメディアでの嫌がらせから守ることにつながるとしている。, これに対し反対派は、フランス警察が人種差別疑惑で厳しい監視の目にさらされる中、報道の自由や警察の行動を市民が撮影する権利が損なわれてはならないと主張している。, 28日に行われた法案に反対するデモは警察との衝突に発展し、警察が抗議者に催涙ガスを使用する事態となった。, 音楽プロデューサーのミシェル・ゼクレール氏は21日、パリにある自身のスタジオ内で警官4人に人種差別的な言葉を浴びせられ、殴る蹴るの暴行を加えられた。, 報道によると、この4人は「当局者による意図的な暴力」の容疑で起訴された。うち2人は再留置されている。, 25日にニュースサイト「Loopsider」が公開した監視カメラの映像では、3人の警官がゼクレール氏に数分にわたって暴行を加えている。4人目はその後、建物内に催涙ガスを噴霧した。, この事件は、ゼクレール氏が新型コロナウイルスの感染症対策としてマスクを着用していたかをめぐる小競り合いから発展したという。, ゼクレール氏はまた、暴行を加えられている最中に人種差別的な言葉を浴びせられたと証言している。, 警官4人はさらに、公文書偽造の罪にも問われている。警官らは事件の後、ゼクレール氏から「強い大麻の臭いがした」が、同氏が捜索を拒否したという報告書を提出していた。, 検察は、警官らがゼクレール氏への暴力に正当性がなかったことを認めたと発表。しかし、ゼクレール氏がスタジオの入り口で抵抗したため、パニックになって危害を加えてしまったと話しているという。, 検察はまた、暴行を行った3人が口裏を合わせないために再留置を申請したが、裁判所はうち2人についてのみ再留置を認めている。, この事件をめぐっては、サッカー・ワールドカップ(W杯)でのフランス代表選手など、著名人が次々と非難の声をあげている。, マクロン大統領は「容認できない」、「恥ずべき」事件だとして、警察と市民との信頼を再構築する方法について迅速に政府案を取りまとめるよう求めた。, BBCのヒュー・ショフィールド・パリ特派員は、マクロン大統領は第24条をめぐる議論への政府の対応についても怒りを表明していると報じられていると伝えた。, 大統領は30日朝にジャン・カステックス首相をはじめとする閣僚や議会代表を呼び出し、厳しくしかりつけたという。, (英語記事 France to rewrite police bill after huge protests), © 2021 BBC. フランスで再びデモが頻発、一部ではデモが暴徒化したという。原因は政府が警官個人の特定につながる顔の撮影や身元公開の禁止を含む法案「グローバルセキュリティー法 第24条」が11月20日に採択されたためだ(時事通信、朝日新聞、海外で暮らしてみたら)。 フランスの政治家たちのムスリムとイスラムを標的にした発言や攻撃に抗議したデモ隊は、「スカーフを被った女性たちと連帯する」とスローガンを叫び、「差別に終止符を」「ムスリムへの差別に終止符を」「イスラモフォビアに終止符を」「スカーフは政治のシンボルではない」と書かれたプラカードを … フランス与党、警官の顔撮影禁止法案を修正へ 各地でデモ相次ぎ 2020年12月1日 お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません ブルカ(burqa:顔から全身を覆う服装)やニカブ(niqab:目を除いて顔や全身を覆う服装)など顔全体を覆うベールの着用を禁止する法律が、11日に発効しました。法案が政府から議会に送付されたのが昨年の5月で、可決されたのが10月。半年の猶予期間を経て、実施に移されました。 スカーフ強制への抗議活動は、イランで昨年末から続いている反政府デモの一環と捉えられています。 当局がtelegramやinstagramへのアクセスを遮断して以降、大規模なデモは収まりつつありますが、彼女たちのように個人あるいは小規模のグループで行う抗議活動は継続しています。 パリ(CNN) フランス政府が公立校で女性イスラム教徒のヒジャーブ(スカーフ)など各宗教特有の服装を禁止する法律制定を決めたことに反対して、欧州や中東各地で17日、大規模な抗議デモが行わ … (朝日新聞) 女性イスラム教徒のスカーフなど、学校内での宗教的シンボルの着用を禁止する法案に反対するデモが17日、フランス主要都市であった。 【ベルギー】 スカーフ着用禁止に抗議するデモ ベルギーの首都ブリュッセルで、高等教育機関ではスカーフの着用を禁止することが可能であるとする憲法裁判所の見解表明が数千人から抗議された。 12月21日、スカーフを付けた約3000名が法案反対デモを行う。 2004年 - 1月5日、公立学校における「宗教的標章規制法」(宗教的シンボル禁止法、スカーフ禁止法、ヒジャブ禁止法)法案が国務院に提出される 。 1月17日、2万名以上が法案反対デモ。 フランスでたびたび起こるイスラムの「スカーフ論争」 。何がよくて、何がダメなのか?今までフランスで物議をかもした、スカーフ討論について。 2019年、フランスで大物議中のデカトロン「ランニング用ヒジャブ」をめぐる論争など、フランスでの反応を紹介。 具体的な「足音」としては、フランスでは2004年に「スカーフ禁止法」、2010年に「ブルカ禁止法」という法律が制定された。「スカーフ禁止法」の正式名称は「宗教色の強い服装やシンボルの着用を禁止 … 新着記事もっと見る おすすめ記事もっと見る フランス現地情報もっと見る フランス観光もっと見る お役立ち情報もっと見る 旅の基本もっと見る 生活全般もっと見る 海外あるあるもっと見る 人・心理・行 … 第2 節 フランスのスカーフ問題の経緯:安達智史の議論より フランスにはこれまで3 回のスカーフ論争が起こっている。その時々によってヴェール への対処は変化してきている。一回目は1989 年の公立学校の教室でのスカーフの着用につ いてであった。 フランスではブルキニを禁止する自治体が増え、20を超える数となっている。そもそもブルキニとはムスリム女性向けの水着で、ムスリム女性が身につけるスカーフの一種であるブルカとビキニの造語だ。 フランスで,イスラム教の女子生徒が着用するスカーフが初めて社会問題として取り上げられたのは,1989 年のことである。 60 年代からのイスラム教系移民の増加がその背景にあるが,2003 年12 月,シラク大統領は国民に向けて,スカーフの規制に関する法案作成を示唆する演説を行った。